解体工事のコストを抑える

工事に使う重機とクラッシャー

解体工事のに使う重機とクラッシャーについて

解体工事のコストを抑える
解体工事は、工事現場となる場所で事前調査を行う事からスタートします。
事前調査では、建物の規模、構造、有害物質の有無、足場などの設置がどれくらい必要であるのかなどを調査していきます。
また、解体工事を行う場所の環境などにより、搬入するトラックや重機を選択する事になります。

事前調査が終了すると、解体工事のための足場の設置や防音シートなどを設置していきます。
足場は、工事を行う作業者が安全に作業を行うために必要不可欠なものであり、それと同時に養生などの防音シートを固定させるためにも必要不可欠な建設設備です。

また、防音シートや養生と言うのは、解体を行う際に出るほこりなどが飛散するのを防ぐ目的も有ります。
しかし、シートで覆ったとしても細かい粒子のほこりなどは飛散していきますので、解体工事を行う際には水をまいて行う事になります。

現在の解体工事と言うのは、地球の資源保護などの目的で、建築物から出る廃棄物をリサイクル可能品と不可能品に別けて行う分別解体が義務付けられています。
分別解体では、手作業で行うケースが多く在ります。
建築物からそのまま取り外すことが出来る窓ガラス、屋根瓦、建具や扉、住宅設備、住宅内部に取り残された残存分などを撤去していきます。

分別可能な物を手作業で撤去した後は、重機を搬入して作業を続けることになります。
重機というのは、機械を使って建物などの建築物を取り壊す際に利用されている建設機械です。
重機には幾つかのアタッチメントと言うものが在ります。

先端部分で物をつかむことが出来るアタッチメントがクラッシャーです。
建築物をこれでつかみ、引っ張ったり、回転させたりして取り壊す際に利用していきます。

また、住宅などの基礎部分のコンクリートなどの場合は、油圧ブレーカ と呼ばれるアタッチメントを使ってコンクリートを破砕していきます。
尚、コンクリートもリサイクル資材として有効活用が行われており、重機を使って細かく砕き、それを処理場で道路の材料としての再利用が可能になると言います。

アタッチメントの1つでもあるクラッシャーには、鉄筋コンクリートの柱や壁などを壊すクラッシャーや、鉄筋コンクリートの建築物(ビルやマンションなど)を取り壊すタイプもあります。

尚、重機を使った解体工事は、壁、屋根、梁、柱等が残っている上屋を取り壊していきいきます。
道路側から取り壊しを行い、徐々に敷地の奥へと移動して取り壊す形になります。

また、建物が全て取り壊されると基礎を重機を使って掘り起こしながら取り壊す形になります。