解体工事のコストを抑える

工事の影響範囲と対策

解体工事における影響範囲と対策

解体工事のコストを抑える
解体工事では、重機を使った際の騒音や、手解体を行う時に出る音などの音に関する影響、古い建築物を解体工事するため、取り壊し時に出る埃などの飛散物の影響、そして解体工事に出る振動など、様々な影響が発生する事になります。
この影響と言うのは、近隣住宅に住む人々への影響であり、この影響範囲は予測以上に広くなる可能性もある事からも、影響範囲を広く考えておくことが必要です。

尚、これらの影響は解体工事を行う上では避けられないことでもあり、対策を講じると同時に近隣住宅の人々に対しての説明を十分に行う必要が在ります。

解体工事を行う場合には、これらの影響を踏まえ、近隣住宅の人々への挨拶を行う事になるわけですが、先ほども説明を行ったように、影響範囲は予測以上に広くなる可能性がありますので、周辺住民の範囲というものは広めに取る事でトラブルなどを未然に回避する事が出来ると言えます。

近隣住宅の人々への挨拶を行う際には、解体工事の概要、工事を行う期間、作業工程、工事を行う曜日や時間、騒音及び振動などの発生が予測される作業内容や、それの実施期間及び時間帯、振動や騒音、埃などの飛散における防止策についての説明を十分に行い、更に現場責任者の氏名や、苦情発生の際の連絡先などについて可能な限り説明を行う事が必要です。

また、説明は文書などではなく、直接1軒1軒周り、その都度説明を行ったり、質問に答えていくことが大切です。
因みに、共有住宅などの大規模な解体工事などの場合は、工事における影響する範囲が広範囲になりますので、説明会などを開催するケースも在ります。

しかしながら、一戸建てなどの住宅の場合は、1軒1軒住宅を周って行うケースが多いと言えます。

工事が開始されることで、工事計画や概要などについての質問を受ける事も有ります。
このようなケースでは、丁寧に対応する事が大切です。

また、工事を行うのは基本的には日曜日や祝日など、近隣住宅に人が居る時や、早朝および夜間にかけての工事は行う事は避ける事が必要となります。
それ故に、工事工程を検討することやスケジュールの組み立てが重要となるわけです。

工事車両は重機だけではなく、トラックも有ります。
トラックの搬入なども騒音や埃の飛散などの影響が有りますの、搬入する時間帯などについて考慮していくことが必要となるわけです。
また、トラックの搬入も一度に多くの車両が集中する事を避ける事も大切なのです。