解体工事のコストを抑える

解体工事の相場

解体工事の価格相場について

解体工事のコストを抑える
解体工事とは現在ある建築物を解体撤去して更地に戻す作業の全般を指す工事です。この工事は新しく建築する場合の事前処理となりますので、新しい建物を作ろうとする場合などの新規建築には付き物の工事ということが出来ます。例えば家を建て替える場合など、リフォームではなく建て替えを行うのであればこれまでの建築物を一回取り壊さなくてはなりません。解体工事とはその様な場合に行われます。しかしその様な工事にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。人件費や処分場の立地や数、業者の競争具合などに影響されて地域ごとに相場があるのが現実です。しかしあくまでも相場ですので、建築物の形式によって価格も大きく変わってくることはりかいしておかなければなりません。
家を建て替える場合、まず始めに古い家を取り壊して更地にする解体工事が行われます。その建築物の大きさにも影響を受けるのですが、概ね2週間ほどかかるものとされています。業者については床面積が80平方メートルを超えている場合などは、都道府県で登録を受けた解体工事業者でなければ解体工事を行うことが出来ないことになっています。もし解体工事を行おうとするのであれば、建設リサイクル法に基づいて解体工事の7日前までに様々な書類を作成して役所に提出しなければなりません。それらの面倒な手続きは一般的に解体業者が代行してくれます。そのために必要な委任状だけは施主が作成しなくてはなりません。リサイクルに絡むため色々と余計な経費がかかることもありますが、建築リサイクル法違反は解体業者だけではなく施主にも罰則がありますので注意をしておかなくてはなりません。委任状を作成する場合にはどのように処理を進めていくかをしっかりと確認することが求められます。
解体工事の坪単価は建築物がどのようなものであるかで異なってきます。建築物が木造である場合には最も安くなりますが、軽量鉄骨や鉄筋コンクリートになると単価が一回り高くなるのが一般的です。この価格については地域差が大きいのが特徴ですが、価格と同じかそれ以上にどのように適切に処理をしてくれるのかも見ておかないと施主にも責任が生じるので注意が必要です。この価格については都心部で高く、地方で安いという一般的な分類にはそのまま該当しないところがあります。処分場の数や広さ、解体業者の数なども影響を及ぼして地域ごとの相場が出来上がっているように思われます。